マウンテンマンは今日も行く

山が好きな自転車乗りです。

赤と黒

 

f:id:mountainman:20180624204018j:image

 

Zwift - PRL100 2018 - AC Maintenance #1

 

69.2kg    0,58    28.5km    400m↑   60TSS

 

日曜ながら外には走りに行けない日。

時間は作らなければ始まらない。

7時に目覚ましをかける。

それより早く自然と目が覚めた。

 

なになに今日のワークアウトは1分120%から1分15秒55%を8回。

いける。

意気揚々と始める。

ウォーミングアップ120Wから地味にきつくね。

1分長い。

やばいやつだ。

本気で集中してやり切った。

 

しかしここから25分77%維持が最後待ち構えていた。

ここまできて負けたくない。

優勝して終わった。

 

ひさびさに股間に軽い痛みが。

サドル調整のせいなのか。

様子見案件。

 

今日は全日本選手権の日だった。

井上さんと高岡さんが大健闘。

いつかはロードレース出てみたい欲が強くなった。

才能も資金力もないけれど世界選手権で走ってみたい。

海外で走ってみたい。

本場ヨーロッパで走りたい。

旅行ではなくどうせならレースで。

 

モアパワー。

 

我ながら意識高い文体だな。

ノーストリリア

 

f:id:mountainman:20180622233339p:image

 

Zwift - PRL100 2018 - Neuromuscular Power #1

 

67.9kg    1,02    30.7km    417m↑   64TSS

 

画像にある通り恐ろしいワークアウトの日だった。

何回ゾーン6に入らなければいけないのか。

ワークアウト中指定ワットの表が画面に入りきらないのだ。

 

ところが余裕でクリアしてしまった。

タンパク質をたくさんとった栄養補給が良かったのか。

サドル高1ミリ低くしたのが良かったのか。

アリアンテを完璧に水平にしたのが良かったのか。

たぶん全部。

 

乗った瞬間から違った。

ケイデンスが自然とあがる。

80くらいで回してるつもりなのに90出てる。

300W10秒やって195W2分をひたすらやるトレーニング。

ほぼそれより10〜20W高く踏めた。

人と競ってるときは SPIN SLOWER でてもどかしかった。

 

FTP256Wに戻してもいいんじゃないかと調子に乗ってしまう。

それくらいやれた。

楽しくて楽しくてしょうがなかった。

短時間のインターバルだからなのかなあ。

 

まあでも楽しいことが何より大事だな。

魔術師

 

f:id:mountainman:20180621231602j:image

 

Zwift - PRL100 2018 - FTP Test (Short)

 

67.8kg    0,45    21.7kg    262m↑   49TSS

 

このトレーニングプラン恐ろしい。

いきなりFTPテストきやがった。

前回楽しくて楽しくてしょうがなかった。

FTP256Wを記録したのが1週間前。

そんな力はないと10W下げたのも束の間。

またやることになるとは。

 

クリート位置も戻して準備万端。

前半の20秒ずつZ6まで上げていくときは気分良かった。

その後の3分Z5で異変。

レストなし2分Z6は漕ぐのをやめようとすら思った。

限界近かった。

6分休んで20分のテスト始まってもFTPの値すら出さず。

完全に脚が終わっていた。

終わりにしては次に繋がらないからとZ2くらいでなんとか誤魔化す。

測定値はFTP 180Wくらいだったのではないか。

完敗。

 

しかし最後までやりきったからか身体と対話できた。

精神が弱いんじゃない。

これはハンガーノックに近い症状だ。

筋肉疲労。

富士ヒル後ストックがなくなったからとプロテイン飲むのをやめた。

そのせいで回復してないのではないかという仮説。

ワークアウト量に対してタンパク質摂取が少なすぎる。

 

すぐさまプロテイン買いたかったが金がない。

月末まではカロリー高くなってもいいから昼食で炭水化物系の安いものからタンパク質を摂る作戦にする。

 

あと見栄張って高くしていたサドルをほんの少し下げてみる。

そのついでに前から気になっていた少し前上がりのようなセッティングも修正しようと思う。

これも実験。

 

今日も相当嫌々ながらはじめたワークアウト。

けれど続けるからこそ見えてくるものがある。

明日からはもっと大人に。

5歳児みたいな恥ずかしい愚行はやめる。

 

武器よさらば

 

f:id:mountainman:20180620231333j:image

 

Zwift - PRL100 2018 - Sub-Threshold #1

 

67.4kg    0,59    27.5km   386m↑   52TSS

 

昨日決めた通りFTP246Wに下げてトレーニング開始。

適正な印象。

 

98% 5分

89% 10分×2

がメインのワークアウトだった。

2回目の10分間は指定ワット維持できず。

だが同じ日本人ライダーと争ったので最後の方は頑張れた。

 

そう考えると今はグループワークアウトかレースに出た方がトレーニングになるのだろうか。

精神弱いが負けず嫌いは強いからなあ。

時間いいのあればでてみようかな。

 

明日こそクリート位置戻して漕いでみよう。

 

存在の耐えられない軽さ

 

f:id:mountainman:20180619141019j:image

 

Zwift - PRL100 2018 - Zone Benchmarking

 

68.6kg    0,50    16.3km    435m↑   43TSS

 

今日も寝坊した。

が、乗った。

このトレーニングプラン仕組みがわからん。

日程を開けると出来なくなるワークアウトがでてくる。

謎だらけだがその日その日で表示されたものをやるとする。

 

 本日はZ1〜Z6までを順番に上げていくトレーニング。

分数は短くなる。

それでも負荷がだんだんきつくなる。

間にフリーライド2分挟む。

そこはZ2をなんとか維持した。

だが一分間全力出したあとのフリーライドはまるで踏めなかった。

終了まで15分間まったく力が入らなくて拷問だった。

 

FTP256Wはないのではないか。

ない。

悔しいが明日から10W下げて取り組んでみる。

 

クリート位置もよくわからないから調整面倒なので一番後ろに戻す。

 

富士ヒル終わってモチベーション下がっているのではないかという指摘がshokoから。

そうなのだろうか。

そうではないと思いたい。

とにかくローラーやらねば。

ブロンズ装着

 

f:id:mountainman:20180617213154j:image

 

Zwift - PRL100 2018 - Season Base #1

 

?kg    0,59    28km    436m↑   63TSS

 

富士ヒルのブロンズスペーサーをチャリに取り付けてみた。

思っていたよりかっこよくなったのでこのまま走ることにする。

shokoにも取り付けてあげねば。

 

FTPが向上したことにより単発的なワークアウトはきつくて続かないと判断。

気持ち折れないようにするのが継続のコツ。

最近できたTraining Plans のなかで続けられそうなものを探す。

今のローラーだと350W以上出せない。

それ以上の出力出さなくてはいけないプランは外す。

そうすると選べるのが実質2種類。

説明文は意味不明だが簡単すぎたら嫌なので難易度高い方を選ぶ。

 

きっつ。

というか指定W維持できない。

全体的に20W下を踏んで誤魔化しながら★ゲット。

 

クリート新しくしたせいもあるのか腰の痛みはなかった。

いつもは一番後ろにつけていたが今回少しだけ前に装着。

効果はどうかわからない。

クリート沼に入らなければいいが。

 

キッテルヘアー

 

f:id:mountainman:20180615234541p:image

 

Emily's Short Mix

 

67.9kg   0,30    13.1km   306m↑  40TSS

 

髪を切った。

髪型迷っていたが、ツール・ド・フランスも近いしキッテルヘアーにした。

これで梅雨を乗り切れる。

 

FTPが上がるとワークアウトはきつくなる。

わかっていたが辛かった。

指定ワット20下くらいをキープして無理やり★とった。

 

終わると腰痛が。

そういえば固定ローラーやりはじめもこんな痛さあった。

ということは力を出すあまり悪いフォームになっているのかな。

でもやりきるにはそうするしかないわけで。

とにかく続けて経過観察だな。

 

次のイベントは那須ロングライド。

2回目だと見える世界変わるかな。